thank-you-to-my-wife

こんにちは。いつも会社に振り回されまくり。

多忙なサラリーマンの慎仁です。

 

そこのサラリーマンのあなた!

奥さんへの感謝を口に出して伝えていますか?

 

「ありがとう」って伝えていますか?

 

普段の生活の中で当たり前だと思っていること

奥さんのがんばりのおかげで当たり前になっています。

そんな出来事を振り返ってみましょう。

 

奥さんのがんばりによる当たり前

  • 食事の支度(朝・晩)
  • お弁当の準備
  • 洗濯
  • アイロン
  • 掃除
  • 買い物
  • 近所づきあい
  • 子供たちの習い事
  • 子供たちの勉強
  • 学校行事

など。

専業主婦の奥さんはいろいろとやってくれていますよね。

 

「いやいや。主婦なんだし当たり前でしょ。」

 

そのとおりかもしれません。

 

しかし、

その当たり前が当たり前でなくなったとき

あなたはどうなってしまいますか?

 

例えば、

奥さんが体調を崩して寝込んだ時。

奥さんが友達と泊り旅行に行った時。

 

あなたが、奥さんの当たり前にやっていること、

どれだけ代わりにすることが出来るでしょうか。

 

 

実際に私の奥さんが寝込んだ時は何度かありました。

そのときの私はひどかったですね。

 

料理は作らない。

買い物はその日食べるものを買いに行く。

掃除やアイロンはしない。

学校や習い事は娘たちの言うとおりに手伝う。 など。

 

とても代理と呼べるものではないですよね

 

 

それでは、

会社ではどうでしょうか。

 

取引先の人であれば、

何も無くとも、常に感謝の言葉を口にする

先輩・上司にも同様でしょう。

 

それでは、

部下や後輩には感謝を伝えていますか?

 

ちゃんと感謝を伝えている人、少ないのではないでしょうか

 

いったいなんででしょうか。

 

それは、

そこに当たり前という認識を持っているからです。

 

部下や後輩は、

上司や先輩のためにがんばることが

当たり前だと思っているからです。

 

もし、

後輩や部下のがんばりが無かったら、

今の組織は成り立っていないはずなのに。

 

だからこそ、

ちゃんと面と向かって伝えるべきですよね。

いつも、「ありがとう」って。

 

その一言を言われた人にとってのモチベーションアップにもつながりますし、

何よりお互いが良い気分になれ、コミュニケーションが活性化する。

 

その一言を言わないと、

一方的な支持・命令となり、いずれ部下や後輩の不満が貯まってしまいます

 

 

奥さんも同様です。

 

「当たり前だから」何も伝えないではなく、

「当たり前だからこそ」感謝の気持ちを伝える。

 

「ありがとう」を伝える。

 

何か一つ二つを積極的に手伝うのでも良いです。

その感謝を何かの言葉や行動で伝えることを

今後の当たり前にしていきましょう。

 

決して嫌な気持ちにはなりません。

むしろ、奥さんにとっては、

次も「がんばろう」につながるはずです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

仕事か、家族か、あなたはどちらを選びますか?

家族と仕事を天秤にかけるべきものなのか、そんな記事も書いています。

良かったらこちらも読んでください。

↓↓↓

仕事と家族、どっちが大事なの?

 

いつも読んで頂きありがとうございます。
ついでにぽちっとして頂けると、またがんばれます。
↓↓↓

にほんブログ村 小遣いブログ サラリーマンのお小遣い稼ぎへ

応援、アドバイス、苦情、不明点、問い合わせなど、
いつでもメッセージをお待ちしています。
↓↓↓

お問い合わせ