目標が達成できず悩む
あなたが陥る3つの原因とその解決策!

 

こんにちは。上半期が終わり下半期に向けた挽回計画立案中。

サラリーマン課長の慎仁です。

 

今回は、私の部下も悩み苦しむこのテーマ。

 

「年間の目標がなぜ達成できないのか?」

 

普段は、1週間、1か月単位で、詳細な計画を立案し、業務を進めていると思います。

 

業務では立てた計画通りにうまくやり遂げられるのに、

年間の個人目標であったり、部署の目標がなぜかいつも達成できない。

 

「達成に困難な高難度目標か?」と考え直してみるが、そうでもない。

 

そんなあなたやあなたの部署が陥っている3つの原因とそれらの解決策について今回はお話しします。

 

本業が今計画を見直すタイミングなので、ついでに記事にしちゃいました。

 

目標が達成できず悩むあなたが陥る3つの原因と解決策

 

年間目標を達成できない原因は、ずばり、下記の3つのいずれかが原因です。

  1. 達成に向けた作戦・戦術が悪い
  2. 進捗管理が悪い
  3. 必ず達成するという思いが足りない

 

なるほど。

と、すんなり受け入れられない言葉が並んでますよね。

 

これら3つの原因について1つずつ説明を加えていきますね。

 

戦略・作戦・戦術って何?

question

年間目標を達成できない1つ目の原因は、

「達成に向けた作戦・戦術が悪い」です。

 

作戦や戦術、そして、似たような言葉に戦略という言葉もあります。

これら3つの言葉の区別はつきにくいです。

 

年間目標を達成できない原因について話す前に、

事例として

 

「3年後にマイホームを持つ」

 

という目的に向けた、戦略・作戦・戦術について説明してみます。

 

まずは言葉の定義から。

  • 戦略・・・目的を達するためのシナリオ
  • 作戦・・・戦略を実現するための各プロジェクト
  • 戦術・・・各プロジェクトを成功に導く戦い方

 

う~ん。わかりにくいですよね。

 

それでは、1つ1つ説明していきましょう。

 

戦略

 

戦略とは、「目的を達するためのシナリオ」ですので、

目的「3年後にマイホームを持つ」を達成するためのシナリオが戦略です。

 

マイホームに必要な要素は、お金、土地、家、ですよね。

  1. お金を用意する
  2. 土地を用意する
  3. 家を用意する

 

1の「お金を用意する」は金額や作戦によって、時間がかかりそうなので、戦略としては、

「1を進めながら、2や3を並行に進める。2や3を進める中で、建てる場所、必要な金額なども決定していく。」

 

戦略は、まだ大まかなもので、お金や土地や家を用意するために、何をすべきかを考えていません。

 

作戦→戦術に進むことで、より具体的なアクションにつながっていきます。

 

作戦

 

それでは続けて作戦を考えてみましょう。

 

作戦は、「戦略を実現するための各プロジェクト」ですので、

各プロジェクトに分けましょう。

ここでは「お金を用意する」の作戦を例として示します。

 

いつまでにいくらをどうやって用意するか。

用意の仕方は、貯金、譲渡、ローンなど多数あります。

 

土地や家を譲り受ける、中古住宅を購入する、新築を購入する、など、

土地や家の用意の仕方により、金額や用意すべき期限も変わってきます。

 

ここでは、

マイホームに使える貯金額、

購入までに追加で貯金したい額とローンで借りる額をおおまかに決めておきましょう。

 

戦術

最後に戦術です。

戦術とは、「各プロジェクトを成功に導く戦い方」ですので、

ここでは、「追加で3年後までに200万円貯金する」という作戦に対して、戦術を立てていきます。

 

生活費の切り詰めとおそらく私たち旦那の小遣いを減らして月2万の節約。

奥さんがパートを開始し月4万の収入。

計6万で年間70万、3年で200万以上を貯金する。

 

こんなあっさりと戦術は導き出せませんので、

本来はいろいろな貯金方法案を出し、

切り詰められる額を家計簿とにらめっこしながら考えるでしょう。

 

そこは、今回の本題ではないので、省略させて頂きます。

 

 

以上が戦略・作戦・戦術の事例を交えた説明となります。

 

見てもらえるとわかるように、戦略→作戦→戦術の順で、

より詳細な内容になっています。

 

少しは理解して頂けたでしょうか?

 

 

達成に向けた作戦・戦術が悪い

strategy

さて、前置きが長くなってしまいましたが、

本題です。

 

年間目標を達成できない1つ目の原因は、

「達成に向けた作戦・戦術が悪い」です。

 

言い換えると、そもそも目的が達成される作戦・戦術になっていない、ということ。

 

私の部署でも良くこのような事例がありました。

 

会社方針や私の方針から部下が立てた目標に、

 

「この目標をやりきっても、方針達成出来ないよね。」

 

と私の指摘。

 

初めに気づけば変更出来ますが、このまま承認された目標は、

どんなに頑張っても、年間目標が達成できないのです。

 

この原因に陥りやすいのは、

若手ではなく、リーダや中堅、ベテラン組。

 

なぜなら、

若手は、戦術が目標になっているため、

会社方針や私の方針が達成しているかが目標に直結しないから。

 

「それなら、どうすればよいの?」

 

その答えは、

目的の達成を可能な限り具体的にイメージすること。

 

達成イメージを具体的にすればするほど、

何を、どう行えば達成できるか、やるべきことが明確にできます。

 

つまり、

年間目標の達成ができる

作戦や戦術が明確化が出来たということになるのです。

 

 

進捗管理が悪い

progress-management

年間目標を達成できない2つめの原因は、

「進捗管理が悪い」です。

 

「進捗管理」とは何か。

 

目標を達成するための作戦や戦術を行う具体的な計画が、

予定通りに進んでいるか、予定通りでなければ、どれくらいずれているのかを管理することです。

 

年間という長期間の目標なので、

活動の「進捗管理」が非常に重要になります。

 

 

作戦や戦術をしっかり決めたとしても、

目標を立てっぱなしで、放置していては、

うまくいくはずがありません。

 

それでは、「進捗管理が悪い」とは、

どういうケースがあるでしょうか。

 

  • 進捗を確認していない
  • 進捗は確認しているが、適切な処置・アドバイスが出来ていない

 

いずれにしても、管理が機能しておらず、

どんなに綿密に目標を立てたとしても、どこかでズレが生じ、

そのズレが積み重なり、大きなズレとなってしまいます。

 

その少しのズレに気づけるか、気づいたうえで調整できるか。

 

それが「進捗管理」であり、

その「進捗管理」が機能しない限り、

年間目標を達成出来ない訳です。

 

それでは、どうしたら「進捗管理」が良くなるのか。

 

それは、ずばり、

定期的に振り返り、計画を見直すこと。

そして、定期的に報告すること。

です。

 

定期的とは、どれくらいの頻度か、

それは目標によっても異なりますが、

年間の目標で考えるなら、

私は、振り返りが隔週か1か月くらい、

報告は1か月か3カ月くらいの頻度で良いと思います。

 

 

報告の場を設定することで、

実施しなければならないと、追いつめられます。

 

そのことが、より短い間隔での自身の振り返りの実現につながり、

結果として、実施すべきタイミングで実施出来ることになります。

 

 

 

必ず達成するという思いが足りない

determination

年間目標を達成できない最後の原因は、

「必ず達成するという思いが足りない」です。

 

急に抽象的になりましたが、

最後はマインドです。

 

私は、前述の2つの原因より最後のこの原因が、

一番重大な原因だと思います。

 

戦略・作戦・戦術を理解し、進捗管理が出来ているあなたも、

最後にやり切れるかどうかの重要な要素が、

「必ず達成するという思い」です。

 

この思いが足りないと、

達成が難しそう、と思ったとたん、

達成出来ない言い訳を考え始めてしまいます。

 

「この業務が忙しかったから仕方がない」

「お客さんから突発業務を依頼されたから達成出来なかった」

 

必要なのは、

現状を的確に把握した上で、

どうしたら達成できるのか、と考えること。

そして、

目標全てをやりきれなくても、ここまではやりきってやる

と強い思いを持っていること。

 

その「必ず達成するという思い」が無いと、

年間目標は達成出来ないのです。

 

それでは、どうしたら「必ず達成するという思い」を持つことが出来るのか、

 

ずばり、

年間目標を立てるに至った目的を再認識してください、

そして、目標が達成されなかったとき、

つまり目的を実現できなかったときの状態をイメージしてください。

 

目標を立てるに至った背景が必ずあります。

その目標の合意に込められた上司のあなたへの期待があるはずです。

あなたが目標を達成できることで、新たに生まれるメリットも大きいでしょう。

 

それらを再認識したときに、あなたはこう思うはず。

「何が何でも目標を達成してやるぞ!」

それが「必ず達成するという思い」です。

 

まとめ

goal

今回、年間目標を達成できない原因3つの原因と解決策についてお話しました。

  1. 達成に向けた作戦・戦術が悪い
  2. 進捗管理が悪い
  3. 必ず達成するという思いが足りない

 

いずれも、自身で考えることが必要不可欠です。

目の前の業務にのみ視点を置き、それらに振り回されるのではなく、

長期の目標や計画を振り返る時間を作ってください。

そうすることにより、

あなたへの期待、あなたの価値、あなた自身のスキル、のアップにつながるアクションとなるでしょう。

 

長文となってしまいましたが、

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

今回、サラリーマン本業についてのテーマとしましたが、

以前このような記事も書いています。

アフィリエイトも活用可!作業が進む「計画」の立て方!

 

サラリーマンも、ネットビジネスも、似てる点が多数あります。

そんな観点のサラリーマン記事もまた書こうと思います。

 

長文にお付き合い頂きましたが、

ぜひ最後にぽちっとお願いします。
↓↓↓

にほんブログ村 小遣いブログ サラリーマンのお小遣い稼ぎへ

応援、アドバイス、苦情、不明点、問い合わせなど、
いつでもメッセージをお待ちしています。

↓↓↓

お問い合わせ