piano
Dieter_G / Pixabay

こんにちは。
いつも寝不足の副業サラリーマン慎仁です。

今日はピアノと共通点の多い○○について、お話しします。

○○って何だと思いますか?
ピアノについて話していく中で、
もしかしたらあなたなら気づいちゃうかもしれませんね。

想像しながら読んでみてくださいね。

ピアノの難しさとは?

「あなたはピアノ弾けますか?」

私は全く弾けません。
楽譜は、ト音記号のところなら、下のドの位置がわかるので、
順番に、ド、レ、ミって追っていけば読めます!

そんな程度のレベルなので、
とても曲なんて弾けません

 

私の2人の娘(中2と小4)は、どちらも年中さんから習っていて、
長女は今年で10年目、次女は6年目と長い間がんばっており、
2人とも上手に弾いています。

その上手に弾いている姿を見てると、

「なんで右手と左手がそんなにばらばらに動くの?」と、

不思議に思ってしまいます。

ほんと、弾けない人からすると、ピアノ弾く人って凄いなって思います。

 

でも、上手な人が最初から弾けるわけではないですよね?
基本のドレミから、○長調とか、シャープ、フラットとか。
ドだけの曲を弾いたり、少しずつ両手の練習したり。

必要な「知識」とともに、日々の「練習」が重要なんですよね。

奥さんに怒られながらも、娘たちが一生懸命練習している姿を見て、
陰ながら「ガンバレ」と応援しています。

そして、上手に弾けるようになってくると、
「感情」を入れる練習を積んでますね。

速い、遅いのテンポだけではなく、だんだんと音を大きくしたり、小さくしたり、
音が長かったり、短かったり、歯切れ良く弾むような音をだしたり。

その曲は、作曲者がどんな想いを入れて作った曲なのか、
その曲が表現されている世界観はどんななのか。

私にはさっぱりです。

でも、娘たちは、どこまで意識されているかわかりませんが、
ただ弾いている、だけではなく、何か世界を表現しているのです。

そして、仕草や音の一つ一つに弾いている本人の「感情」が入っているように感じます。

そのように「感情」を表現できるピアノって、
ピアノを弾いているときだけではなく、
普段の生活、周囲の人との会話の中でも活きてくるでしょう。

そして、そのピアノを弾いている娘たちに、
これからも続けていって欲しいな、そう思います。

ピアノと共通点の多い○○について

ピアノについて、いろいろお話ししましたが、
ポイントとして3点挙げました。

それは、「知識」「練習」「感情」です。

その3点のポイントが重要なもの、それは・・・

ライティング!

 

lighting(照明)ではなく、
writing(書くこと)ですよ。

ブログ記事を書く、アフィリエイトで商品を紹介する、
何かコンテンツを作る、など、ネットビジネスにおいて、
ライティング技術は非常に必要なスキルです。

その非常に必要なスキルであるライティング技術にもやはり、

「知識」「練習」「感情」が重要です。

 

私も日々勉強中ですが、
いろいろな本や教材だけでいくら勉強しても、
ライティング技術は上がりません。

当然、「知識」が必要無いわけではありません。
相手に伝えるための工夫やテクニックに関する「知識」は必要です。

ですが、「知識」だけでなく、ひたすら書く、という「練習」
繰り返し続けることが重要です。

ひたすら書き、そして記事やコンテンツを読んでくれたあなたの一つ一つの反応が、
「これで良いんだ」、「これはダメなんだ」、のライティング技術力アップに
大きな影響となります。

 

そして、もう一つ重要なこと、それは「感情」です。

例えば、あなたならどちらの文章が、心に刺さりますか?

  • 新聞記事
  • 小説

やはり、小説ですよね。
新聞記事のように、事実のみをたんたんと伝える文章と比べると、
作者や登場人物の会話やその時の想いが小説には見えて来ませんか?

記事やコンテンツを読んでくれるあなたに、
いかに私に共感してもらい、私の「感情」を届けられるか。
ライティング技術に非常に重要なポイントなのです。

まとめ

どうでしたか?○○が何か、当たりましたか?

おさらいしますと、
ピアノライティング共通点には3つあります。

それは「知識」「練習」「感情」です。

私にはとてもピアノを上手に弾ける技術は有りませんが、
読んでくれるあなたに、何かを伝えられ続けるライティング技術を付けていきたいです。
最後まで読んで頂きありがとうございました。
ついでにぽちっとして頂けるとまたがんばれます。
↓↓↓

にほんブログ村 小遣いブログ サラリーマンのお小遣い稼ぎへ

応援、アドバイス、苦情、不明点、問い合わせなど、
いつでもメッセージをお待ちしています。
↓↓↓

お問い合わせ