kusari

こんにちは。慎仁です。

GWが終わり、1週間が過ぎました。

あの、だらだらしつつも、充実したGW。なつかしい・・・。

すっかり残業サラリーマンに逆戻りです。

 

以前記事にも書きましたが、日々の作業時間がガクッと減り、
記事更新頻度も減ってしまっています。

サラリーマンのひとときの休息が終わり、また残業の日々へ

 

もう少し、副業のアフィリエイトに時間を割ける時間を確保したい!

そう思った私は、副業時間確保のため、
真剣に残業時間が多い原因と対策を考えてみました!

いったい何に時間を費やしているのか

会社にいる時間で多くの時間を費やしていたワースト3は・・・

  1. 会議・DR参加時間
  2. 資料作成時間
  3. メールを読む時間

意外でしたかね?

私は課長という立場上、実働よりはマネジメント中心で、
1日の6割は会議・DR参加時間です。

まぁ、それがメインの仕事なので、仕方ないですが。

 

次は、資料作成時間。約2割。
会議が多い=資料作成も多い。当然のロジックではありますが。

 

最後はメールを読む時間。1割程度。
1日100通以上は来るので、読むだけでも時間かかります。
真剣に読まなくて良いメールも多いんですけど。

 

つまり、1日12時間なら、10.8時間は、上記時間です。

こんな感じだから、早く帰れないんですよね。

残業が多い原因とは

ずばり!

 

私が関わりたがりだということ!

 

どうしても、心配症なので、

「その会議、私にも開催案内送っといて!」

「お客さんとのやりとりのメールに私もccに入れてね。」

「会議資料、こっちで作っとくよ!」

こんな調子じゃ、いつまでたっても自分がになりませんね。
でもサラリーマンだし、これが当たり前だって、思っていたので、
関わりたがりが原因でになれないって気づいたのも、本当に最近なんですよ。

それでは、なぜ気づけたのか。

 

気づけたのは不労所得という言葉を知ってから。

不労所得・・・それを得るために労働する必要がない所得のこと

楽を得るための対策って?

私が積極的に関わるのではなく、
関わらずとも仕事が回る仕組みをつくる。

その仕組みにより、
私でなくても、私がいなくても、仕事が回る

その仕組みを目指して、
今は改善を進め始めています。

「会議・DR参加時間」・・・会議を開かず、定期的に進捗を入力するルール新設。その入力帳票確認で、会議不要。会議時間削減に。

「資料作成時間」・・・要・不要の切り分け。必要であれば、書くべき情報がわかる資料ひな形の作成。

「メールを読む時間」・・・私をccで入れるべきメールと不要なメールの層別。

などなど。

ネットビジネスの勉強って、サラリーマンの仕事改善にもやっぱり役立つんだね、と思えた出来事でした。

これを機に、いろいろ改善を加えて、副業時間を確保し、副業を本業にしたいな、って野望を抱えている慎仁でした。

良かったら、こんな記事も読んでみてください。
↓↓↓
バレるとクビ?なぜ副業が会社の規定で禁止されるのか!?

サラリーマンの生きがいを支えるものって何?

最後にぽちっとおねがいします。
↓↓↓

にほんブログ村 小遣いブログ サラリーマンのお小遣い稼ぎへ

応援、アドバイス、苦情、不明点、問い合わせなど、
いつでもメッセージをお待ちしています。
↓↓↓

お問い合わせ